ANAたとJALのマイル旅

ANAプラチナとJALダイアモンドの上級会員のブログです。ANAは2017年にプラチナ会員達成。JALは2018年にワンワールド世界一周航空券70万円などでサファイア達成済み(5月)JGCプレミア達成(7月)ダイアモンド(11月)に達成済み!修行に使えるAndroidアプリを公開中。サイドバーのQRコードからスマホでダウンロード。無料です。iPhoneアプリ近日公開


「マイル&FOP計算アプリ」修行に役立つAndroidアプリです。
iOSアプリは以下から

ラオスのヴィエンチャンで空港から市内へ移動してみた

前回の記事の続きで、ラオスヴィエンチャンに着陸してから、まずは入国です。

日本は今短期間であれば、VISA不要です。

これは日本人の良いところですね。

入国カードはかなり詳しく書く必要がありました。パスポートの発行日や、有効期限など。

VISA不要で、外国人の列に並びます。

 

入国審査のところで、写真撮っている人が注意されています。

入国審査やセキュリティで写真を撮るのは禁止。これは世界の常識です。

かなり厳しくチェックされ、写真をほんとに消したかどうか、確認もされていました。

 

f:id:anajalmile:20191228110006j:image

入国後最初に目に入る看板。

トヨタの看板です。

 

さて、まずはATMを探します。

ラオスの通貨はキップですが、1枚も持っていません。

 

ATMがなかなか見つからず、ずいぶん奥にやっと見つかり、下ろそうとしたものの、エラーになりおろせず。なけなしの2000バーツを両替所で両替です。

 

市内へのバス

エアポートから市内へのバスが出ていると聞いていたので、探すと150000キップつまり、180円程度の料金で、チケットを販売していました。チケットを購入したら、出発時間を教えてくれて、バスに乗り込みます。

 

f:id:anajalmile:20191228133109j:image
f:id:anajalmile:20191228133105j:image
f:id:anajalmile:20191228133101j:image

 

ラオスのバスには、路線バスでもバスガイドがいます。

行先を言うと丁寧に教えてくれます。

料金の徴収もしています。空港では、チケットはカウンターで買って、バスに乗るときにバスガイドに見せます。

路上で乗る場合、料金の徴収もします。

運転手は、若いバスガイドと会話しながら運転して楽しそうです。

市内までは30分以内。かなり近いです。

 

ラオ語について

タイ語ラオ語はかなり近いですが、違いもあります。

例えばラオ語の挨拶はサバイディー。

タイ語だとサワディーですが、タイ語の元気ですか?はサバイディー?

 

ありがとうは、ラオ語でコップチャイ。

タイ語でコップンカッ?

 

ホテルに到着

ホテルはファミリーブティックホテルに宿泊。

バス停からすぐでした。

三浦春馬似のお兄さんが、出迎えてくれます。

君は三浦春馬に似てるよって言いたくなるほどです。

料金は、1泊3500円程度。570000キップでした。朝食は簡単なバイキング込み。

その場で焼いてくれるオムレツが美味しい。

f:id:anajalmile:20191229141554j:image

シャワーの強さは弱い。東南アジアでよくある、電気で水を温めるタイプの簡易的なシャワーです。

このシャワーの使い方がよくわからず、水が止まらなくなり、フロントに電話して来てもらうも、しばらくして止まって、フロントにまた電話して止まったよ言うという事象に。

あとで、フロントを通ったとき、三浦春馬に笑われてました。

 

あと、このホテルには蚊がいて2日間刺され続けました、、これはかなり辛かった。

 

立地はよく、中心地まで徒歩5分。

コンビニまで3分です。

 

蚊さえいなければ快適なホテルでした。