ANAたとJALのマイル旅

ANAプラチナとJALダイアモンドの上級会員のブログです。羽田モノレール近くで暮らしています。家族いますが一人旅の旅行記をブログに書くことが多いです。ANAは2017年にプラチナ会員達成。JALは2018年にワンワールド世界一周航空券70万円などダイアモンド(11月)に達成済み!修行に使えるiPhone、Androidアプリを公開中。サイドバーのQRコードからスマホでダウンロード。無料です。


「マイル&FOP計算アプリ」修行に役立つAndroidアプリです。
iOSアプリは以下から

ジャカルタ空港からIHGホリデイインジャカルタまで

前回のブログでジャカルタ到着まで書きました。空港からの移動です。

 

JALがついたのは第3ターミナル。

近代的な空港です。職員はジンジャーに乗って移動してます。非常に効率的。

巨大なイミグレで、カウンターの数は世界最高レベル。しかしながら、インドネシア人選用レーンが多く、外国人用は、半分ほど。席が前の方だったこともあり、イミグレには比較的前に並べました。

 

30分ほど経過して、自分の番に。紙のeTicketが無いとダメだみたいな情報やら、スマホで大丈夫という情報もあり、緊張しながら並びました。

英語で、how many days you stay here?

なんてことを聞かれて、3daysと回答。

そう、3連休の深夜便には帰るのです。

仕事ですか?などと日本語で聞かれる、サイトシーング、観光と回答。かんこう。の方が検査官にしっくり来たようです。

比較的すんなりスタンプを押されて次は、ATMに向かいます。

インドネシアのお金は0。

ATMがたくさん並んでるところに歩きます。

カードを挿入。なんか、エラー。

2つ目のでトライ!

また、エラー。

OKI製のATMでやってみる。

credit card withdrawals でエラー。

再度トライでfast cashで、成功!5000000ルピアをおろす。

日本円だと意外と少ないことに気づき、再度1000000ルピアを下ろす。これで、約11600 円相当。

次はSIMカードの手配に向かいます。

事前に調べておいた、Card屋は見当たらず、空港の建物を出たところに行ってみる。かなり混んでる。10Gバイト800円とブログで見たので、きいてみると、2100円相当。高いじゃん。

ぼったくり感が半端ないので、そこでは買わないことに。でも、SIMは無いとかなり不便なことにあとで気づく。今回はホテルWifiでなんとかなりましたが。

今後は、sim2flyを買って行こうと思った。

 

とりあえず、ジャカルタは交通渋滞がすごいらしいし、simが無くてgrabが使えない状況なので、鉄道へ。鉄道マークのところに行くと、ターミナル間シャトルしかない。どうやら、これで鉄道駅へ行くようだ。

時間は7分ほど。

 

鉄道駅に到着したが、切符の買い方が相当難易度が高い。スタッフはいて、インドネシア人のサポートもしている。インドネシア人にわからなくて、外人ならもっとわからない。しかもクレカしか使えないタイプだ。

他の外人と思われるおばちゃんのやり方を見て、真似して購入。メイン駅っぽいところまで。70000ルピアらしい。難なく買えた。

待合所で待っていると、Wifiが繋がり、Googleマップて、ホテルまでの道を探した。

のちにオフラインになっても使えたので、ここて繋がったことが、かなり良かった。

 

f:id:anajalmile:20191103222852p:image

最初に買った切符から、別のルートのDuriで降りた方が近いとわかる。

f:id:anajalmile:20191103222912p:image

徒歩で2.5キロ。歩ける距離なので歩いて行くことにしたが、やはり少し後悔することになる。

電車は非常に快適。

 

f:id:anajalmile:20191103223310j:image

f:id:anajalmile:20191103223336j:image

usbもあり。

 

インドネシアの雰囲気を肌で感じることはできたが、非常に道が歩きにくい。バイクがひっきりなしに来るからだ。

f:id:anajalmile:20191103223237j:image

大通りに出ても歩道はバイクや車で占領されていて車道の端を歩くことになる。

f:id:anajalmile:20191103223512j:image

歩道橋から撮った写真。大渋滞だ。

信号はなく、歩道橋を渡るしかない。

 

f:id:anajalmile:20191103223633j:image

なんとか、今回泊まるホリデイインに到着。

フロントの英語は速くて聞き取れない。

特にポイントがどうのこうのの話がよくわからなかった。

 

f:id:anajalmile:20191103224200j:image

f:id:anajalmile:20191103223934j:image

 

IHGプラチナのおかげか?角部屋。

ホテルてゆっくりした後、近くの店を探すと、有名な肉骨茶の店を発見。

f:id:anajalmile:20191103223836j:image


f:id:anajalmile:20191103223937j:image
f:id:anajalmile:20191103223925j:image

f:id:anajalmile:20191103223945j:image

少し寂しい食事だが、美味い。

ホテルのバーでは、ビンタンドラフトを注文。
f:id:anajalmile:20191103223931j:image
f:id:anajalmile:20191103223940j:image

2杯飲んで120000ルピア。1000円ほど。

 

大渋滞は夜中まで続く。

道路に面してて騒音があるため、耳栓をして就寝。
f:id:anajalmile:20191103223928j:image

 

マイルや、ステータスポイント計算のandroidiOSアプリ、milecal公開中です。

 

 

ジャカルタへJALビジネスクラスで来てみた

プレミアムエコノミーからのマイルアップグレードキャンセル待ちで、当日カウンターでアップグレードしてもらえました。片道6万プラス18000マイル。8時間の長旅です。

 

成田空港へは成田エクスプレスで。

チケットレス予約をして、いざ自分の、席に行くと、外人がヘッドホンして座ってる、、

仕方なく他の席に座ってから、車掌に申告。

 

途中緊急停車して焦りましたが、5分後再出発で、ほぼ時間通りの到着。こんな田んぼの真ん中で何があったのかは知らされず。

 

f:id:anajalmile:20191103002757j:image
f:id:anajalmile:20191103002753j:image

 

成田では、ファーストクラスカウンターでアップグレード。ほぼ満席だったようですが、ダイアモンドパワーで席確保。

 

ファーストクラスラウンジで、寿司、ローストビーフ、たこの、何か。

f:id:anajalmile:20191103003110j:image

和御膳。サバが美味いうますぎ。
f:id:anajalmile:20191103003114j:image

エビのスープも美味い。
f:id:anajalmile:20191103003107j:image

散々食った後、搭乗。

ビジネス席は余裕です。スタッガード席。

まずは、シャンパンから。

前菜

f:id:anajalmile:20191103003351j:image

蟹の何かが美味いけど、この前のバンコク線の方が美味かった。というか、ラウンジで腹一杯のせい?

 

メインはステーキと赤ワインシラー。

ソース美味い。

f:id:anajalmile:20191103003513j:image

映画を見てから睡眠。

映画は、パラダイスネクストと、スパイダーマン

隣からうどんですかいの匂いが。旨そう、、

チマキが配られました。そこそこ美味い。

 

f:id:anajalmile:20191103003608j:image

f:id:anajalmile:20191103003813j:image

f:id:anajalmile:20191103003837j:image

メニュー一覧。

飛行機を出るとき、何故かCAに名指しで行ってらっしゃい言われる。これは初めて。

8時間の旅は、終了です。

 

今回は、プレミアムエコノミークラス。

iphoneのmilecalのアプリで計算した結果は次の通り。

f:id:anajalmile:20191103093445p:image

 

 

名古屋バンコク便のビジネスクラスに乗ってみた

羽田から名古屋、名古屋からバンコクへ6時間ちょっとのフライトです。

ビジネス席は、スタッガードでもなくそれほど広くないです。

 

f:id:anajalmile:20191026173515j:image

ただし、隣は空席。


f:id:anajalmile:20191026173503j:image

ドリンクメニュー。

スパークリングワイン飲んでから、赤ワイン2杯飲みました。
f:id:anajalmile:20191026173512j:image

日本酒なども充実。


f:id:anajalmile:20191026173447j:image

洋食は、2種類。肉か魚が選べます。


f:id:anajalmile:20191026173458j:image

和食もあり。私は洋食が良いですが。


f:id:anajalmile:20191026173452j:image

スパークリングワインが、グラスに入ります。


f:id:anajalmile:20191026173449j:image

前菜。小さなハンバーグのような、ポークリエットが美味い。


f:id:anajalmile:20191026173509j:image

メインのステーキ。

マスカットが美味い。


f:id:anajalmile:20191026173500j:image

チーズも用意してくれました。


f:id:anajalmile:20191026173455j:image

デザート。マロンチーズケーキ。

エコノミーのハーゲンダッツがイマイチに思える。バニラが無難なんでしょうけど、他の味も用意してもらいたい。


f:id:anajalmile:20191026173506j:image

バンコクに到着。

 

優先レーン用のカードは廃止。

航空券を見せることになっていました。

海外でのお金は両替よりEPOSカード海外ATMでキャッシング引き出しが便利。さらに繰り上げ返済を早くする方法

海外旅行に行く場合、現地のお金が必要になります。

主に大きく3つの方法があります。

 

1.日本の空港で出発前に両替

メリット

 日本語でやりとりできるので安心

デメリット

 レートが悪い

 

2.現地の空港に到着時に両替

メリット

 日本の空港で両替するよりレートが良い

デメリット

 利用者が多く、行列ができることがある

 

3.現地でのATMで海外キャッシングする

メリット

 レートが良い

 並ぶ必要がない

 街中どこでもATMがあるので現地で使い過ぎても必要になったらすぐおろせる

デメリット

 キャッシングなので、ローン金利手数料がかかる

 ATM手数料がかかる(1件220円)

 

3が便利で良いのですが、デメリットとして金利がかかるという問題があります。

そこでペイイージーを使って繰り上げ返済をすることで、できるだけ支払う金利を減らすことが必要になります。

 

ところが、このペイイージーで支払えるようになるには、月々の支払いが確定するのを待つ必要がありました。(と私は思っていました)

 

キャッシング分をリボ払いに変更した後、リボ増額払いにすることですぐに支払うことができるのです。

これで月々の支払いが確定するのを待つ必要がありません。

注意点としては、ペイイージーに対応している金融機関の口座を持っている必要があります。詳しくは以下の通りです。

 

海外キャッシング|クレジットカードはエポスカード

キャッシングリボの増額・全額払い(一括払い)|クレジットカードはエポスカード

セントレア空港の国際線サクララウンジに来てみた

羽田からバンコクまでの便で、名古屋経由でしたので、セントレアサクララウンジに行く機会がありました。

いただいたのは、CoCo壱監修のキーマカレーです。

セントレア限定だそうです。

機内食もあるので、少しだけ食べましたが、

JALビーフカレーより美味しく感じました。

f:id:anajalmile:20191020135341j:image

9時から10時の間居ましたが、かなり混んでいました。

 

ミャンマー観光のため、ヤンゴンに来てみた

ドンムアン空港からヤンゴン

バンコクからエアアジアで2日前に購入したヤンゴン往復のチケットはコミコミで16000円ほど。少し早めに買えば、12000円ほどに抑えられる。

成田から直行便が出ているものの、今回は、バンコク経由で行く方法にした。

バンコクドンムアン空港へは、タクシーで30分。10時前に空港の着いて、手続きをした。

f:id:anajalmile:20191020025905j:image

使えないエアアジアのチェックイン機。

席の指定を事前にしておく必要があるためエラーが出た。

大人しく、カウンターの列に並ぶ。

セキュリティチェックをし、ゲート前のサンドイッチを食べる。

エアアジアではラウンジを使えない。

プライオリティパスのラウンジはあるので、以前は使っていたことがある。

こう言う機会か多いならば、プライオリティパスに再入会を検討だ。

 

ゲートからバスで沖どめの飛行機に乗り込む。エアアジアでは珍しく、遅延なしの1時間半のフライト。

 

ヤンゴンに到着

 

ヤンゴンに着いた。

こじんまりしながらも、綺麗な空港で人は多くない。

まず目に入って来たのが三菱の広告だ。

f:id:anajalmile:20191020005829j:image

イミグレーションに並んでいると、みんな紙を持っている、、visaか?ホテルの宿泊リストか?しかしながら、visaは不要であるはず。日本人だから不要と言うことだろうと気づいた。恐る恐るパスポートだけ出す。入国書類は無い。no visa?と聞かれたが、無事入国。

日本人でも30日以内の観光に限りビザが不要になった。2018年の10月からだ。2020年の10月までの期間限定とされている。

f:id:anajalmile:20191020004632j:image

ヤンゴン内に入るとコンビニとKFCとカフェや他数店舗がしかなかった。1人でキョロキョロしてると、早速お兄さんから声をかけられる。

日本語でこんにちは、タクシー?

などと声をかけてくるので、無視。

 

まずは、ATMに行ってお金を下ろす。

150000チャットがだいたい1万円なので、それだけ下ろす。エポスカードの海外キャッシングだ。何カ国も行ったが、これが使えない国は無いので、事前に両替はしない。レートも良い。

初めてゲットしたミャンマー 通貨チャット。10000チャットで700円ほど。SIMカードを購入。

3日いると言うと、1番安い1GBのはダメで、2Gバイトのものを購入。3500チャット。後で計算したら、たった300円ほど。タイでも1000円はするので物価の安さがわかる。

 

ヤンゴンは右車線である。道を渡るときの違和感が半端ない。空港からホテルまでGrabタクシーを使う。

7500チャットと値段が表示される。

grabを待っていると、声をかけられるが無視。grabはぼったくりがないので安心。ぼったくりがないことと、運転手との会話が必要最低限で済むこと。このシステムを作ったのは素晴らしいと思う。

幸い車は2分で到着。乗り込むと、あらかじめgrabで入力していたホテル名を向こうから確認してくる。知ってるよそのホテルは。という感じで、話が早い。大きなホテルに泊まるメリットだ。刺青入りで怖いが、ミャンマー では刺青は普通のことかもしれない。クラクションとパッシングしまくりで、煽り運転の連続。

f:id:anajalmile:20191020010817j:image

ホテルまで30分程度で到着。500円ほどの安さ。街中の車をみると、トヨタ率高い日産もあり、日本よりスズキ率が高い。あと荷台に人が乗ってることも多い。

今回泊まるホテルはサミットパークビューホテル。フロントで手続きをしていると、ミャンマー 人の英語がよくわからない。

 

f:id:anajalmile:20191020011516j:image

f:id:anajalmile:20191020011456j:image

カード式じゃないドアやら古いタイプのエアコンなど、ホテルの設備は古いが、高級なホテルの部類に入る。ただし値段は安く2泊で110ドルほど。

welcomeドリンクの券を貰ってレストランに行ったが、ジュースだったので、わざわざ行く必要無し。

 

ホテルで少しゆっくりして、tripadviser で見ると、すぐ近くにmy gardenと言うレストランがあるのに気づいたので、行ってみる。


f:id:anajalmile:20191020014328j:image

f:id:anajalmile:20191020014320j:image

f:id:anajalmile:20191020014313j:image

f:id:anajalmile:20191020014324j:image

f:id:anajalmile:20191020014316j:image

ミャンマー ビールと言うのがあるらしい、

大瓶て630ml。度数は5%で薄く感じた。

チーズクリームポテトが7000チャット、ライスとチキンが4500チャット。ビールはメニューに無いが、3500チャットくらい。

やはりビールが安いは正義。シンガポール なら、1000円以上してしまうビール。

ここでは300円以下だ。しかも大瓶。

 

ホテルに戻って寝たら、夜9時になっていた。

シュエダゴン パゴダに散歩してみる。

ホテルの前か公園なので、暗い中歩いていると、野犬が、5匹くらいいる。ミャンマー では野犬に気をつけろと言う記事を見ていたので、走って逃げる。噛まれたら狂犬病で即死だ。

少し野犬は追いかけて来た。

別ルートからシュエダゴンパゴダに歩いて、夜でもライトアップされていた。

f:id:anajalmile:20191020025433j:image

しかし間近では見ていないので、翌日再訪することにした。

 

ホテルに戻って、1人でホテルバーに行く。

土曜日は、ライブミュージックが実施されているからだ。入って見るとかなり多くの人がいる。それほど大きくない店内で、ダンスフロアが設置されて、ライブミュージックに合わせて社交ダンスしている。

ボトルのビールと、ドラフトカールスバーグを飲む。やはりカールスバーグの方が美味い。

ドラフトだからなのかは、また別の機会にミャンマー ドラフトを飲んで確かめたい。

f:id:anajalmile:20191020025006j:imageミャンマー ボトル

f:id:anajalmile:20191020025024j:imageカールスバーグドラフト

f:id:anajalmile:20191020025212j:image

f:id:anajalmile:20191020025239j:image

バースデーソングが流れてお裾分けもらったケーキ。

f:id:anajalmile:20191020025659j:image

会計は、ビール2杯で7ドル。

高めとされているホテルバーでもこれ。

 

明日へ続きます。

 

PR:ANAJALのマイル計算のアプリは当ブログからダウンロードできます。

 

ワンワールドのキャセイ パシフィックが激安だけど、JALマイルにはシビア

香港でデモが多発する中、香港拠点のキャリアであるキャセイ パシフィックの航空券が安いです。

香港経由でバンコク行きが5万円程度からあります。

 

ただし注意点は価格が安いチケットでは、fopがもらえません。予約クラスを確認して、fopが貰えるかどうか先に確認してから購入しましょう。

https://www.jal.co.jp/jmb/earn/travel/flight/cx.html

 

プレミアムエコノミーで12万程度です。

iOS版MileCal公開

iOS版のANA,JALのマイル計算が簡単にできるアプリを公開しました。

f:id:anajalmile:20190927123556p:image

 

AppstoreでMilecalで検索してください。

無料です。

マイル手帳や、グラフ機能はありませんが、将来対応予定です。

 

apple watchと旅行

apple watch3が2万円程度にまで値下げされ、初めて購入しようとしている人も増えてきたようです。

私の場合初期型を使っていますが、旅行用としては、メリットデメリットあります。

 

メリットとしては、時差がある国で、時計合わせが不要であること。これはアナログ時計だと合わせるのが大変ですから、一番のメリットだと思います。

iPhoneと同期してくれますから。サマータイムも当然合わせてくれます。

次に、日の入り時間を表示してくれるも、行動計画を立てやすくなり便利。

あとは、地元の天気もすぐに表示してくれます。

 

デメリットとしては、旅行先での充電です。

ケーブルをたくさん持っていくのは面倒です。

ですが、apple watch用のモバイルバッテリーもありますから、自分の場合それを持って行ってます。