ANAたとJALのマイル旅

ラウンジを使うためにANAとJALの上級会員を目指した男のブログです。ANAは2017年にプラチナ会員達成。JALは2018年にサファイア達成済み(5月)。ダイアモンド予定。

ワンワールド 世界一周 ニューヨークからバルセロナへ

アメリカに入国してから一週間。

いよいよアメリカを出る日だ。

 

ニューヨークJFKインターナショナル空港へ向かう。

行きとは違い、地下鉄で行けるところまで行ってから、LIRRで一駅の移動だ。

4.25ドルで行きより安い。

 

アメリカン航空のいつもの自動発券機で、航空券を出す。

 

行き先はBARと入力。

barcelona が選択肢に出てくる。

これを選択する。

予約を確認中です。。。

 

確認中です。。

 

見つかりませんでした。

 

 

えー!

 

この旅初めてのピンチか?

 

落ち着いて、今度は予約番号から検索してみる。

今度は、バルセロナ行きの情報が表示される。

良かったー。

 

これで無事アメリカを出国だ。

 

 

ワンワールド 世界一周 ロサンゼルス編

サンフランシスコからのロサンゼルス便。

アメリカン航空は初搭乗だ。

CAは屈強な男。ファーストクラスとは名ばかりで、JAL の国内線クラスJ並みで、ドリンクはアルコールもあるようだが。

食事は無くて温かいナッツのみ。これは美味い。

ナッツは温めた方が良いということがわかった。

 

しかし、サービスと言い、CAの雰囲気といい、日本の国内線のファーストクラスとは大違いだ。長旅の疲れからか、寝てしまい、あっという間。1時間44分でロサンゼルス空港に到着した。

 

ロサンゼルス空港では、迷った。

市内へ行くための地下鉄や電車はない。

タクシーもあるが、フライアウェイと言うバスが一般的で安い。

到着出口の荷物受け取り場所から、出口を出て横断歩道を渡ったところに乗り場がある。

ユニオンステーション行きかどうかは、バスの前面にある電光プレートを見ればunion stationと書いてあるし、運転手が大きな声でユニオンステーション!と叫んでいた。

まずはこれで、ロサンゼルスの中心のユニオンステーションまで向かう。

 

ユニオンステーションから地下鉄で1本。20分ほどで、ホテルの最寄りであるvermont/sunset駅に着いた。

 

f:id:anajalmile:20180514105517j:image

エレベーターには人がたくさん乗っている。

ギリギリのところで閉まってしまった。あきらめてキョロキョロしていると、エレベーターの中の人が開けてくれた。親切だ。

 

エレベーターのボタンは、SとかMとか見慣れない文字が並ぶ。

 

f:id:anajalmile:20180514095431j:image

地下鉄の駅から徒歩数分で今夜のホテルトラベロッジに着いた。

 

f:id:anajalmile:20180514114415j:image

 

ロサンゼルスではエンジェルスの試合を見に行く予定だったが、ニュースで大谷捻挫で、今日は試合に出場しない。

大リーグの雰囲気を見るだけでも行く価値はあったが、ここから1時間近くかかる。

行くべきか悩んでいるうちに、もう試合が始まっていた。テレビをつけるとやはりエンゼルスの試合が中継されている。

大谷も何回かベンチにいるところを映ったり、先日の活躍のリプレイなどが放送されていた。

 

腹が減って来た。しかしロサンゼルス、治安などと調べると、夜中に出歩くやつはいない。

車を持っていなくて夜出歩くなら、襲われて当然とか、殺人事件が多発していたて、検挙率が20パーセントの地域があるとかの情報を見て食事は諦めた。

 

翌朝、今回のホテルほ食事付きだったので朝飯を食べに行く。そうすると意外と人が多い。コーンフレークの機械やらパンやらがあった。

コーヒーもなかなか美味い。期待してなかったのと、空腹のせいだろうか?

 

f:id:anajalmile:20180514120147j:image

f:id:anajalmile:20180515055806j:image

腹ごしらえをして、今日は市内観光、例のハリウッドの看板を見に行く。

 

マダムダッソー蝋人形館にも行くことにした。

スマホでチケットを購入。19.99ドルだ。

スマホでチケットを買う場合、チケットを印刷する必要がある場合もあるが、こちらはスマホの画面を見せるだけで完結するようだ

 

市内を歩いていると、有名人の名前を書いたプレートが地面に埋め込まれている。

知っている有名人がいないかと探しながら歩く。

中国人らしき人がプレートと写真を撮っている。なるほど、ジャッキーチェンだ。

他にもエルビスプレスリーやらオルセン姉妹など、日本でも知名度のあるプレートが多数。

 

f:id:anajalmile:20180514113636j:image

 

マダムダッソー蝋人形館に行く。

スマホでバーコードを見せて入室。

なるほどリアルな蝋人形たちがいる。

 

しかし、多くの蝋人形が誰だかがわからない。それでもかなり多くの蝋人形があり、見応えはあった。

f:id:anajalmile:20180514113003j:image

蝋人形館を出ると、ハリウッドの看板を見に行くことにした。マダムタッソー蝋人形館の近くのショッピングモールから見れるのだ。

 

f:id:anajalmile:20180514113758j:image

かなり遠くではあるが、確かにハリウッドの看板だ。

多くの観光客が看板をバックに自撮りしている。ただの看板だが、知名度は高い。一度はテレビで目にしたことがあるのだろう。

 

枠の向こうにハリウッドの看板が見えるような演出もある。

f:id:anajalmile:20180514113929j:image

 

腹が減って来たので、リトルトーキョーに向かう。ロサンゼルスで日本食などが並ぶ地域だそうだ。

 

f:id:anajalmile:20180514114607j:image

なるほど、日本の商品が揃ったスーパーがある。

 

f:id:anajalmile:20180514115328j:image

日本でも見慣れた惣菜だ。

 

f:id:anajalmile:20180514115201j:image

f:id:anajalmile:20180514120116j:image

 

腹が減ったので、日本食レストランに入る。

いらっしゃいませの声。さすがの日本食レストラン。

アサヒビールを注文すると、IDチェックでパスポートを見せろと言われた。

ラーメンも気になったが、アメリカに来たからにはと思い、カリフォルニアロールを食す。これが美味い。

 

f:id:anajalmile:20180514115752j:image

 

f:id:anajalmile:20180515060120j:image

アボカドとマヨネーズの相性はもちろん、中にうなぎが入っていて美味しい。

久しぶりのビールも美味い。

 

腹ごしらえを終えたところで、近くある近代美術館mocaに行く。巨大で暗い体育館の中に謎の展示物が置かれている。

 

f:id:anajalmile:20180515060357j:image

f:id:anajalmile:20180515060616j:image

それなりの入場料を払ったので、しばらくいたが、いまいちな感じだった。

 

次はラスベガスへ向かう

ワンワールド 世界一周 サンフランシスコ編 2日目

サンフランシスコ空港のイミグレを突破し、いよいよアメリカの大地を踏んだ。

自分にとって初めてのアメリカである。

まずはATMを探す、

財布には、5ドルほどしか入っていない。

これは少し前の旅行で余っていたものだ。

 

空港内をウロウロしていると、両替所のとなりにATMは見つかった。

クレジットカードを入れて暗証番号を入力する。

 

クレジットカードでの現地通貨引き出しは、他の国でもさんざんやっているので、慣れたものだ。

やり方は、withdraw 引き出しを選択。

accout はcreditcardを選択。

いくら引き出すか、金額を選択。

今回は200ドルを選択した。20ドルが10枚出てくる。こちらでは、100ドルはあまり流通していないそうだ。

すんなり現金を入手し、ますはホテルに向かうことにした。

 

iPhonegoogle mapを開く。ホテルの場所や行きたい場所は事前にマイマップに保存済みだ。

インターネットはどうするのか?iPhone7 plusはSIMフリー化済みだ。海外用SIMはAMAZONで事前に購入しておいた、SIM2fkyというグローバルSIMがある。これは今回の旅で大活躍した。

別途紹介する。

 

2週間で4GBとちょうどいい。auのシムと差し替えるだけで、数分で簡単に接続した。

この時、シムピンは必須で日本から持って来ておく必要がある。iPhoneの場合、無いとシムを出し入れできない。クリップでも良いが、海外だとなかなか手に入れられない。

 

サンフランシスコ 地下鉄 乗り方

などのキーワードでググり、地下鉄の乗り方を検索する。もっとも地下鉄の場所は、空港内の看板を見れば、すぐにわかる。trainやらmetroなどと書いているし、アイコンを見れば電車だからだ。

 

今回は、空港の近くに、ホテルを取っている。

というのも、サンフランシスコ市内とシリコンバレーの真ん中に空港があるので両方行きたいので、真ん中あたりにホテルを取っていた。

 

ホテル選びで重要視するのは、アクセスの良さ。値段、ホステルやらドミトリーじゃないこと。朝食はついてなくていい。もしアメリカで朝食つけようとすると有名ホテルしかないと言ったら、言い過ぎだが、多くはないため、選択肢が減りコストが嵩む。

 

今回はサンブルーノと言う空港から地下鉄で一駅の街にホテルを取った。

空港から地下鉄に乗る。なんと一駅で8.95ドルと言う高さ。おそらく空港価格が含まれているのだろう。

地下鉄に乗り、サンブルーノに到着。

ホテルへ向かう。こんな時役立つのはやはりGoogleマップだ。徒歩10分程度と遠めだが、街並みを見たいし、ギリギリ歩ける距離だ。

 

駅からは住宅街を抜けて、ホテルに到着。

ロードサイドにあるモーテルのような雰囲気で、オートロックはない、アメリカドラマによく出てくる外観だ。

だいたい麻薬中毒のやつがこう言うホテルにいたりする。

 

f:id:anajalmile:20180512182632j:image

 

フロントに向かうと何やら内装工事をしている人がいる。受付には人がいない。

中をのぞいていると、工事のおっちゃんが、インターホンのボタンを押してくれた。

アメリカ人はこう言うところが親切だ。

 

しばらくすると受付のおじさんが出てくる。

チェックインと言って、パスポートを渡す。

first floor or second floor などと聞かれたため、二階を選択する。

キーを渡され、チェックアウトはキードロップと言われる、ポストにキーを入れておくように言われた。

 

部屋に入ると、ごく普通レベルのベッドやトイレで、清潔感はある。トイレでの消毒剤のような臭いが気になるが。

 

シャワーを浴びてから、再び地下鉄に乗り、サンフランシスコ市内へと向かう。

目標としたのは、ゴールデンゲートブリッジと、ランバートストリートだ。

google mapを見ながら、ランバートストリートに一番近い、civic centerに向かう。

一番近いそこからでも距離はあるが、町歩きで面白いものが見つかるかもしれない。

 

サンフランシスコは坂の街だ。非常に坂が多い、アップダウンの連続だ。

あまりに坂が急で、渋滞しているので、坂道発進も大変そうだ。ホイルスピンしながらも、坂道発進している車が多数いる。

 

30分ほど歩いていると、公園が階段の上にあるようだ。登って見ると景色がよく見渡せる。

奥にはゴールデンゲートブリッジが見えた。

 

f:id:anajalmile:20180512183002j:image

 

道に戻ってしばらく歩くと、ランバートストリートが見えてきた。

観光客がたくさん集まっている。どうやら有名観光地のようだ。

f:id:anajalmile:20180512183728j:image

なるほど凄くくねくねした坂だ。

階段があり、歩いて下ることができる。

 

f:id:anajalmile:20180512183957j:image

 

f:id:anajalmile:20180512184049j:image

ここを車で観光する人も多く、車の中から写真を撮る人たちもいた。

 

f:id:anajalmile:20180512184422j:image

 

しばらく見て満足したので、ゴールデンゲートブリッジに歩いて行くことにした。

 

f:id:anajalmile:20180512184700j:image

海沿いでは、観光地になっており多くの観光客が歩いている。

 

f:id:anajalmile:20180512184753j:image

サンフランシスコを走るトローリーバス。

時代遅れと言わざるを得ない。

 

ここでお腹が減ってきた。というよりサンフランシスコに着いたときから、ずっと空いている、

ピザ屋やミスタードーナツもあったが、ましそうなsubwayで注文して見ることにした。

ワンオペな上に5,6人の行列ができている。

 

sunwayは注文が難しい。パンを選んで中身を選んでと、コミュニケーション能力が必要だ。

自分の英語力で大丈夫か?

と不安をかかえながら、写真を指差して、roast beef!と言ってみた。

とりあえず通じたようだ。

次にパンを選ぶ。これも通じて、店員はパンを取りに行くが、sorry売り切れとのことだ。

他のパンを選ぶ。

 

次にトッピング。適当に指差して指示する。

何とか購入成功した。

味はsubway。日本で食べたことはないが、同じ味だろうと思う。

 

お腹いっぱいになったところで、ホテルに帰ることにする。

 

unerを使うことも考えたが、まだ使ったことがないため、不安だ。また駅まで歩くことにした。

駅では財布を探していると、黒人のホームレスと思われる人が金をくれと言ってきた。

地下鉄に乗ってホテルに無事戻る。

 

翌日、ホテルからシリコンバレーに行くことにした。その前にサンブルーノと言えば、事件があったYoutube本社がある。

ホテルから歩いて行ける距離なので、歩く。

f:id:anajalmile:20180512194036j:image

 

Youtubeのオフィスだ。

f:id:anajalmile:20180512194218j:image

 

例の事件のニュース映像と比較し、ここで事件があった事を確認したら、次は、コンピュータヒストリーミュージアムに行くことにした。

 

トリップアドバイザーのレビューによれば、コンピュータの歴史が全てわかるということで、行って見ることに。google の本社とも近いそうた。

 

サンブルーノからシリコンバレーまでは、電車もあるが、本数が少ない。

そこで、uberを使って見ることにした。

どこまで行きたいかを地図から検索すれば、値段がすぐにわかる。

高ければやめることもできるし、金額が明確なのは便利だ。

 

uber poolと呼ばれる、相乗りで目的地まで行くオプションを選んだ。これはかなり安い。

30分で26マイル走って、25ドルだ。

アプリで数分で、運転者が見つかり、乗車。自分の名前を名乗る。どこに行くか、伝えなくても良い。

 

f:id:anajalmile:20180512194815p:image

相乗りしてくるやつはいないだろうと思ったが、途中自分のuberアプリに通知が来て、別の方が相乗りします。と。

どこで乗るかもアプリの地図に出てくる。

ハイウエイを降りて、相乗りし、またハイウエイに戻り、シリコンバレーに向かう。

コンピュータヒストリーミュージアムに着いた。お金を払うのはカードでだから、そのまま降りるだけだ。同乗者は、その先どこかは、わからないが、別のところで降りるようだ。

 

コンピュータヒストリーミュージアムでは、展示内容が豊富で2時間近くいた。アナログコンピュータからスマホやインターネットまで、全ての歴史を見ることができた。

 

コンピュータヒストリーミュージアムからは、徒歩でgoogle 本社へ向かう。

本社までの道にも、googleの看板が多くの建物にある。google は本社の周りに多くの建屋があるようだ。

 

f:id:anajalmile:20180512200837j:image

 

f:id:anajalmile:20180512200930j:image

謎のアート作品

 

f:id:anajalmile:20180512201031j:image

いたるところにgoogleの看板がある。

 

f:id:anajalmile:20180512201131j:image

見たことよあるオブジェが。

 

こんな風に歩道を歩いているだけで楽しめた。

 

最後はvisitor centerに行ってみる。

あいにく日曜日だったため、googleグッズが売っているショップは閉まっていたが、公園があった。

androidのオブジェたちが集まる。

十人ほどの観光客が、インスタ映えする写真を撮っていた。

f:id:anajalmile:20180512201351j:image

 

f:id:anajalmile:20180512201558j:image

そうこうしているうちに、飛行機の時間が近づいて来た。uberで空港に向かう。

 

空港までは乗車時間46分で35ドル。

この時も相乗りした。

unerの相乗りシステムは非常に効率的で上手く仕組みが動いていると感じた。

相乗りする事で、料金は安くなる。ドライバーは儲かるというわけだ。

 

空港に着いたらアメリカン航空のチェックインだ。セルフチェックイン機で、パスポートをかざして入力。チケットが出てくる。

預け荷物がない場合は、これで保安検査に行けば良い。

世界一周旅行は、飛行機の連続だから、いちいち荷物を預ける暇はない。

今回、預け入れ可能な荷物の最大サイズのバッグを選んでいる。LCCでも持ち込み可能だ。

 

今回の旅は、ロサンゼルスへの旅で、1時間ほどの旅だ。

 

ファーストクラスにアップグレードしているため楽しみだ。

とは言ってもアメリカ国内線は、世界一周航空券では、大陸横断線を除いて、ラウンジも使えない。

一応セキュリティチェックは、優先レーンが使えるが、エコノミーの方がチェックレーンが多いためそっちの方が早かった。

これは、アメリカ国内全般で言えることだった。

国内線でも、国際線並みのセキュリティチェックを受けて出発だ。

 

 

f:id:anajalmile:20180512203045j:image

空港で買った9ドルのサンド。

カプレーゼだが、チーズが不味い。

 

 

 

ワンワールド 世界一周航空券 1日目 羽田からサンフランシスコ

まだステータスはルビーですが、ビジネスクラス航空券を使うことで、国際線でもサクララウンジが使えます。

ゴールデンウィーク初日、羽田空港の国際線はがらがらでした。

セキュリティは待ちがなく、出国も待ちなし。

いつもは、指紋で通過しますが、今回はそんな必要もなかった。

おそらく、ピークが過ぎたのでしょう。

 

今回購入したのはビジネスクラスの世界一周航空券。

早めに入り、サクララウンジで ワイン、ビール、食事を楽しみます。唐揚げがなかなか美味かった。

 

19:30のフライトでテンションが上がってきます。何せ初めてのビジネスクラスです。

 

飲み過ぎたのか、ゲートを間違えて並んでしまいまい、指摘されるも、無事優先チェックインです。ファーストクラスから優先搭乗ですが、意外と人数が多い。ダイアやプレミアの方かほとんどだとは思いますが。

f:id:anajalmile:20180503050035j:image

それでもビジネスのCと書かれた貴重な航空券を自慢げに見せて搭乗です。だいたいの人が優先搭乗しても、Yの文字。

 

入り口からいつもは右に曲がるところ、今回は左です。そう、操縦席側に席があるのです。

羽田空港発、サンフランシスコ行きは、席かジグザグになっていて、どこからでもトイレにアクセスできるタイプ。

もちろんフルフラットで、20インチ超のモニタを完備。

 

席に着くや、チーフCAが挨拶に、やってきます。そしてウエルカムドリンクはシャンパンを注文。

 

冊子になっているメニューから和食か洋食の選択。さらにメインを魚か肉かで今回はステーキを選びます。

 

出発後、前菜は魚のそうめんとカプレーゼ。

食べたことのない味です。

 

f:id:anajalmile:20180503050109j:image

お酒は白ワインを注文。

ランチョンマットまでしかれ、さながらレストランの気分。

 

f:id:anajalmile:20180503050415j:image

 

ローストビーフは、味が良い。パンはメゾンカイザー

 

f:id:anajalmile:20180503050540j:image

メインはステーキ。もちろん、レストランの味で、冷凍食品の感じはゼロ。

炊きたてのご飯もいただきました。

 

f:id:anajalmile:20180503050640j:image

デザートはシュークリームとお茶でしめます。

ビジネスクラスなら他のメニューもいつでも頼めるようです。鯛茶漬けは気になりました。

 

楽しい食事も終わり、映画はグレートショーマンを鑑賞。ミュージカル調の映画です。

 

フルフラットにして寝ますが、それほど快適ではないです。ただし飛行機であることを、忘れさせてくれます。

あっと言うまの9時間でした。

f:id:anajalmile:20180503051150j:image

 

いよいよサンフランシスコに到着。

入国審査でピンチが訪れます。

詳細は次回のブログで。

 

 

 

 

 

ワンワールド 世界一周航空券 サンフランシスコ2日目 入国審査編

サンフランシスコに到着。

ESTAは事前に取得済みだ。

しかし入国審査の列は長い。ビジネスクラスで降りたので、早い方だが、30分以上たってようやく自分の番が回ってきた。

 

NEXT!

 

入国審査官は叫ぶ。

 

不安だ。なぜかと言うと多くの人たちか、サンフランシスコ往復航空券だろう。

世界一周なんて稀だ。

色々聞かれて、紙を見せろと言われたら、ずらっと並んだeチケット控えを見るとどう思うだろうか?

しかもアメリカに、一週間滞在のあと、ヨーロッパに行くのだ。

色々聞かれるとややこしい。

しかしながら、聞かれたことに答えるしかないのだ。

以下やり取り。聞き取れた内容なのでなんとなくの単語で書くと以下の通り、、

 

what is your purpose today?

何の目的で来た?

sightseeing.

観光

 

How many people come with?

何人と一緒に来た?

one.

1人です。

 

1人旅と言うのは、アメリカでは珍しいようで、怪訝な顔をされる。

 

do you have family or friends in US?

アメリカに家族か友達はいるか?

no,only in Japan.

いえ、日本にしかいません。

 

ここで余計なことを言ったためか、半分切れて

in US you have family?

アメリカに!いるかと聞いてる。

no..

いません、、

how long stay in America?

どれだけ滞在する?

1week.

一週間。

 

you will go san francisco only?

サンフランシスコだけ行くのか?

I will go los angeles and las vegas.

ロサンゼルスとベガスも行く。

 

how many you booked hotel?

何箇所ホテル予約してるか?

three.

hotels comの予約画面を見せる。

だがやつはほとんど見ない。

when com back to japan?

いつ日本に帰る?

thirteen.

13。

ここで、一週間しかいないのに、帰るのが2週間後と、矛盾しているのだが、嘘は言っていない。だが奴はスルーした。

 

how much you hve dollars?

いくらドルを持ってる?

only 5 dollars but I will go atm.

5ドルしか無いですが、atm に行きます。

 

指を4本立てる仕草をする係員。

right hand 4fingers.

指紋を取るのだ。事前に調べておいて良かった。

次は親指。

そして全部の指を取り終わり、ようやく入国。聞いてはいたが、アメリカの入国審査は厳しい。

ESTA の紙を見せることは無かった。

 

次に税関のおっさんにhow many day stay?などと聞かれる。

1 week 。

荷物が少ないと思ったらしいが、大きめのリュックを見せると納得したようで、通過。

 

これでようやく、アメリカに足を踏み入れることができたのだ!

さあ、旅の始まりだ!

 

JALのクリスタルの恩恵

f:id:anajalmile:20180425002152j:image

 

今年JAL修行を始めてから、3ヶ月でクリスタル会員になりました。

 

クリスタルと言うと上級会員でも最下位ですので、特典は多くありませんが、意外なってみる恩恵を受けました。

 

国際線チェックインで

クリスタル会員もビジネスクラスチェックインカウンターが使えます。

 

国際線搭乗で

優先搭乗を行えます。

これはサファイアと同等の順番です。

 

国内線ラウンジで

1000マイル引き落としで入れました。

当日受付に言えばオーケーです。

 

国内線搭乗口にタッチで

クリスタルのロゴが表示され、搭乗音が変わります。

 

国内線クラスJで

CAさんからいつもありがとうございますと、声かけがありました。

 

国内線、国際線で

ボーナスマイル55パーセントが追加されました。

 

国際線で

エコノミークラスで予約したのに、ビジネスクラスの席にチェックイン時変わりました。

 

以上ですが、特に最後のビジネスクラスは、フルフラットになり、広くて快適でした。

約3時間と旅ですが、モニタも大きく最高でした。

クリスタル会員になつてからたった1ヶ月、国際線、国内線の両方での恩恵があります。

 

ですが、これは

ただの通過点。サファイアJGC、ダイアモンドを目指します。

 

f:id:anajalmile:20180425004348j:image

 

 

 

ワンワールド世界一周航空券を発券しました

出会いは修行から

修行を通じて飛行機に乗る回数が増えてからというもの、飛行機やマイルについて調べることが多くなり、世界一周航空券というものの存在を知りました。

たまたま長い休みが取れることになったので、世界一周航空券を購入することにしまいた。

決して修行のためというわけではありません。

FOPを貯めるなら国内修行の方が効率がいいですから。

 

ワンワールド世界一周航空券を選んだ理由

スターアライアンスワンワールドで悩みました。しかし、ビジネスクラスでの航空券の安さが決め手になりました。60万円台です。

さらに3大陸いないなら16回の飛行機に乗れる、アメリカは6回、ヨーロッパ、アジアは4回というシンプルなルールです。

 

どこに行きたいか?

人生で未だアジアを出たことがない自分。

やはり行ってみたいのは、アメリカとヨーロッパです。

アジアは近いのでいつでも行けるだろうと踏んで、アメリカとヨーロッパを回ることにしました。

 

アメリカ

サンフランシスコ、ロサンゼルス、ラスベガス、マイアミ、ニューヨーク

 

ヨーロッパ

バルセロナ、パリ、ドイツ

 

こんな感じで回ることにしました。

 

予約までの道のり

まずはワンワールドエクスプローラで旅程を探してみます。

https://ja.oneworld.com/flights/round-the-world-fares/oneworld-explorer

ここで重要なのは、行きたい都市をできるだけ効率的に行くために、

乗り換えを最低限にしないといけないです。

そのため直行便をうまくつなげてプランを練っていく必要があります。

旅程が決まったら、そのまま予約便を検索することができます。

ビジネスクラスで予約しようとしても、エコノミーしかあいていない場合があります。

その場合ビジネスが満席であるというメッセージが出るので見落とさないようにしましょう。

特に直行便は必ずビジネスクラスが空いている旅程にしましょう。

コースを再検討するか、日程を変えることもありです。

 

旅程が決まったら、そのまま予約することも可能ですが、

私の場合はアメリカン航空が窓口になるようです。

JALカードを持っている以上、JALで予約したいと思った私は、

JALの窓口に電話しました。

旅程を1日ごとに電話で伝えるのはかなり骨の折れる作業でしたが、

仕方がありません。

ですが、すでに旅程が決まっていたのでスムーズではありました。

 

発券まで 

窓口に申し出たルートで担当者の方が1時間ほど調査をします。

OKだったら電話が折り返しかかってきます。その時に値段も伝えられます。

JALカードでそのまま発券です。かなりの高額なので電話で一瞬で終わってしまうのはなんだか怖いですよね。

引き落としに問題があるようだったら、電話がかかってくるようです。